引っ越し当日

引っ越し作業はかなりせっぱ詰まっていたけど、家族揃ってお互いに会えるの
はしばらく無いし、この日くらいしか会えるチャンスがなかった。
お腹を空かせてやってくると、豚汁と、酢豚というなんとも不思議な組み合わ
せのご飯が待っていた(笑)。
和気あいあいと時間が過ぎる。こんな雰囲気で食事ができるなんて、一年前は
思ってもみなかった。
かさねがさね、梨彩に感謝する。やはり、家は素晴らしい。
当日、引っ越し屋さんが来る10前に目を覚ます。
引っ越し屋さんはプロの人がいたので、スムーズだった。
9時に始まって、終わったのがお昼過ぎくらい。
がらんとした部屋と、別れも惜しむ間もなかった(笑)。
最初に戻った部屋に、今度はどんな人が住むのだろう。
私はあの部屋で幸せだった。次に入る人も幸せに暮らして欲しいと願う。
大きな荷物を抱えて、手稲の実家に向かった。
朝から何も食べずに引っ越し作業していた私たちはお義母さんが出したくれた
ご飯をもりもり食べた。
胃にしみるとは、まさにあのこと。
やはり労働のあとのご飯は美味しい。
おかずは一晩寝かせた鍋。味のしみとおったちくわ麩や巾着の美味しさと言っ
たら!
この夜はお義父さんも帰ってきていて、にぎやかだった。
義母さんも義父さんもしばらく梨彩に会えなくなるので、思いっきり遊んでい
た。
この雰囲気ともしばらくお別れかと思うと、さみしいな。

カテゴリー: その他 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください