交渉人

サミュエル・エル・ジャクソン節が炸裂する作品。
彼は鬼気迫る表情でくどくど語らせたら天下一品だと思う。
ちなみに、アル中を演じさせたら天下一品なのはニコラス・”天使”・ケイジ。
話は戻るが、最初から最後まで本当に息が詰まりっぱなしだった。
久しぶりに手に汗握りながら最後まで楽しめた。
時間さえあれば、もう一度立て続けに見ようかと思ったくらいだ。
しかし、DVDプレーヤーを買ったおかげで、ソフトは高いが
(アメリカの倍はする)、それでも何度も楽しめるからお得だ(^^)
リージョン1のプレーヤーが欲しい今日この頃。

カテゴリー: 映画 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください