オトナになってからのハズカシ日記

私のホームページに「ハズカシ日記」という、コドモから学生時代にかけて書いた日記のコンテンツがある。
とくに小学生から中学生の初めにかけての文体は、身悶えするほどの恥ずかしさ。


しかし、いろいろな人のホームページを見ていて「ハズカシ日記」のような文体をかなり見つけた。
とくに女性。
文末に「~ねん!」を必ずつける女性。
(例:「できたてのページだけど見てねん!」)
文末に「っ!」を必ずつける女性。
(例:「自己紹介っ!」「リンク集っ!」)
あと、聞かれてもいないのに自己紹介のところで、「スリーサイズは・・・ひ・み・つ!」
と書く人も。
たいていそういうページは背景画像がくどすぎたり、文字がやたらデカかったりする。
トップページに(おそらく)一番お気に入りの本人の顔写真が入っていたり。
そういうのを見ても、(本人には悪いが)コワイと思う。
実際に会ってみてもたぶん普通の人だと思うけど、ウラの顔を知ってしまったようなそんな気分(笑)
なによりすごいのは「ハズカシ日記」みたいな文体をいいトシしたオトナになっても現役で使っていることだ。
いいことなのか悪いことなのかは考えないようにしよう・・・

カテゴリー: その他 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください