マメ知識

昔の人は、タンポポを「鼓草(つづみぐさ)」といったそうだ。
タンポポのつぼみの姿が鼓の形に似ているところからきているという。
そして、「タンポン、タンポン」となる鼓の音がなまって、「タンポポ」という現在
の名前になったらしい。
以上、手話ニュースより。
オチはないが、ウケる箇所があるかどうかは個人による。

カテゴリー: その他 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください