デパートの化粧品カウンター

RMKのファンデーションを買いにカウンターまで出掛けた。
ここで以前ベースからフルメイクをしてもらって見違えるように(?)きれいになっ
たので「ファンデが切れたら絶対RMK!」と決めていた。
フルメイクをしてもらったときと、そのあとグロスとシャドウを買ったときも同じ美
容部員さんで、その人はヒジョーに親切丁寧だった。
何より、グロス一本予約して、ファンデのサンプルもらっただけの私の名前を覚えて
いてくれたのが(まぐれかもしれないけど)嬉しかったのだった。
RMKの美容部員さんは若くてきれいなヒトばかりなので私みたいな人間が行くのは気
後れしていたんだけど、すごくいい印象を持った。
で、今回カウンターに行ったところ、その親切な店員さんはいなかったので、手近な
美容部員さんに「ファンデ下さい」とお願い。
「下地は?」との質問には「この間ここのベース買いました」と答え、ここまではよ
かった。
問題はその後。
「日焼け止めはどうされてますか?」
「あ、敏感肌用の下地クリームをつけてますが」
「下地クリームですとベースを二つ重ねて付けることになりますよ。こちらの(RMK
の新商品の日焼け止めクリーム)ですと、下地の邪魔をしなくてきれいに仕上がりま
すが」
「あ、私は下地として使ってますが、もとは普通の日焼け止めクリームですから・・・

「そうですか」とは言ったものの、かなり不満気。
前の美容部員さんにも同じような質問をされて同じように答えたけど、こんな答えじゃ
なかった。
「いまお持ちの日焼け止めでも結構ですが、今回発売されたこちらのクリームはとて
もさらっとしていて夏向きですよ、サンプル差し上げますね」
と、素晴らしい受け答えを返してくれました。
今回の店員さんも、もっと他の押しの強い美容部員に比べるとかわいいものですが、私は「他社をけなして自社製品を売る」っていう販売姿勢が「大嫌い」なので、こう
いう対応されると、燃え上がっていた購買意欲もアッと言う間に消えてしまう。
今日もファンデの他にも口紅とコンシーラーも買おうかなーって考えていたけど、ファ
ンデだけ買ってさっさと出てきてしまった。
友達の中には「デパートのカウンターは強く商品を薦められるし、なおかつ断りにく
い」事を理由にカウンターを避けてる友達も多い。
確かに多いです、そういうヒト。
私は「化粧品かぶれがひどくて病院に通っているので、サンプルで試したいんです」
とかいってカウンターに行き始めの頃からサンプルマニアになっていましたが、そん
な私にも商品を売り込む店員さんはいました。
忘れもしない、ランコムの店員さん。
「うちの商品は敏感肌のヒトでも使える処方になってるので、サンプルはおいてませ
ん!」
すごく高飛車な態度。
語気や言い方を変えれば立派な理由になったと思うけど、私には、「ウチの商品が悪いって言うの?!」って言うけんか腰のコトバに聞こえました。
あくまでも個人の対応なので、どこのブランドがよくないとか、そう言うのは経験し
たこと無いんだけど。
ウワサではマリークワントの美容部員はかなり評判が悪いらしいけど・・・。
私は割合いろんな店舗のマリクワにいってるけど、不快な思いをした事ってないなぁ。
押しの強い美容部員には厚顔無恥なくらいふてぶてしい態度をとるくらいでいいのか
も(自分を正当化してるか?私(笑)。)
お茶を濁すように断ってると付け込まれるし。
「○○○が欲しい。」「○○○が気になってるからサンプルが欲しいんだけど」
あとは、さりげにそこのブランドで自分が使ってるものをあげてそれを褒める。
もし、持っていなかったら「友達が使っててすごくよさそうだったんで~」とか言っ
て褒める。
会話の流れもスムーズになります。
まぁ、それでも態度の悪い性根の腐った人間には何を言っても始まらないので早々に
退散するのが得策か。

カテゴリー: コスメ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください