ブレア・ウィッチ・プロジェクト

まわりから聞こえてきた感想はどれも酷評ばかりだったのでそれほど期待してみたわ
けではない。
しかし!
怖かった!私には!
全身鳥肌が立ってじっと座っていられないほどだった。
ドキュメンタリータッチで淡々と流れるYTRは、映画館でみるより、自宅のテレビで
見た方がよりリアルに感じられるのかもしれない。
そして、効果音も、特撮も、凝ったカメラワークも何もない、「ナマの記録」だから
こそ、恐怖をかきたれられる。
(もちろん、作られた「ナマ」なのだけど)
ヒステリックに言い争ったりするところもリアリティ満点。
自分自身が森に対して畏怖の念があるから余計にそう感じるのかもしれない。
「西洋人にしかわからない恐怖感」と評される人もいたが、私はシンから日本人だが
死ぬほど怖い思いをしました(^^;;
ラスト近くの十数分は脳裏に焼き付いて離れない。

カテゴリー: 映画 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください