エンド・オブ・デイズ

シュワちゃん、手術復帰第一作。
西洋の世紀末思想、宗教観が非常によく分かる、分かりやすい作品。
アクション、特撮などもダイナミック。
シュワちゃん出演作にはホントにはずれがない。
サタンが非常に人間くさくて、リアリティがある。
リアリティを感じるのは自分の中の「悪」を認めてしまっているという事なんだけど。

カテゴリー: 映画 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください