酷暑

暑さのあまり、日中の活動が鈍り、ついに昼夜の生活が逆転。
家族全員、暑さとエアコンの冷気にやられた。
睡眠不足、胃腸機能低下・・・などなど。
で、エアコンをしばらく止めようと言うことになった。
止めたのは明け方5時頃。
おそらく、一番気温が低くなっているだろう時間である。
しかし、温度計はぐんぐん上昇。アッと言う間に30度を越える。
じっと座っていても暑い。
窓という窓を開けて風を入れるが、微かに入る風に涼感を感じるものの、ほとんど風
は入らず。
そのうちにも太陽はぐんぐん昇り、夜の蒸し暑さはジリジリした暑さになっていく。
^
布団に寝ころんでいても、布団が熱く感じられてじっとしていられない。
半ばヤケ気味にお風呂に入ってみると、わずかだが、さっぱりして涼しくなった。
この好きに寝てしまえ!とばかり布団に横になるが、アッと言う間に汗が吹き出す。
「もう、このまま力つきて果てていくのか・・・?」と絶望したその時。
タイマーが入ったエアコンの涼しい風が!
「はぁああああ~~」・・・まさに天国。
その後、泥のように眠り込んだ(笑)。
今日の気温は37度くらい。こんな日にエアコン止めてみるのはやはり無謀だった。

カテゴリー: その他 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください