涙腺に触れる音

エアロスミスの「I DON’T WANT TO MISS A THING」と言う曲をご存じだろうか。
映画「アルマゲドン」のサントラに収録されている曲で、映画のプロモでもかかっていた曲だから知ってる人は多いだろうと思う。
私はこの曲を聴くと、絶対に泣く。
外出先で聴いてしまおうものなら、涙をこらえるのに必死になる。
エアロスミスのビデオクリップで聴こうものなら、鼻水が滝のように流れるほど泣くのである。
もちろん映画を観ても泣くんだけど、この曲を聴く方が泣ける。
歌詞を知ってるわけでもない曲が、なぜこんなに涙を誘うんだろう。
他にも歌詞も分からないのに聴くと泣いてしまう曲がある。
映画「バグダット・カフェ」のサントラに入ってる「CALLING YOU」。
歌詞を知る前も知ったあとも泣いてしまうのは、ローリン・ヒルの「TO ZION」、クラプトンの「TEARS IN HEAVEN」。
悲しい曲だけが涙を誘うわけではないみたい。
涙腺に触れるメロディーってのが存在するんだろうか。
他の人にもワケも分からず泣いてしまう曲ってあるのだろうか。

カテゴリー: 音楽 パーマリンク

6 Responses to 涙腺に触れる音

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください