BIND 8.2.2-PL5

自宅のFlet’s ISDN導入に伴い、環境を再構築している。
今のところサーバ用途で利用しているのは以下の3台。
Hostname: ns1
OS: RedHat Linux 5.2
CPU: DX4/100Mhz
Memory: 52MB
HDD: 800MB + 4GB
Hostname: ns2
OS: FreeBSD 2.2.8R
CPU: DX4/100Mhz
Memory: 16MB
HDD: 400MB
Hostname: ns3
OS: FreeBSD 3.5.1R
CPU: Pentium MMX 233Mhz
Memory: 64MB
HDD: 4GB
今日はこのうち、ns2にBINDを入れた。
これだけ非力なマシンだとmakeするだけでも大変だ。
メモリが圧倒的に少ないし、ディスクがとてつもなく遅い。
さまざまな理由で、FreeBSD 2.2.8Rじゃなければインストールできないので、そのままになっているが、十分安定しているからいいのである。
ところで明日以降は、本格的にProxyサーバの再構築をしよう。

カテゴリー: コンピュータ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください