「スモーク」

ウィリアム・ハートが小説家役で出てます。
一件のタバコ屋を軸に幾つかの話が少しづつ繋がりながら展開してくストーリー。
シナリオが渋く、かつ、ほろりと泣かせてくれます。
随所に「煙」をモチーフにした曲がかかるのもいいですな。
名品。

カテゴリー: 映画 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください