セブン・イヤーズ・イン・チベット

なんとなく、見る気のしなかった映画。
ブラット・ピットみたいな人気俳優とチベットという土地柄が相容れないような気が
して。
でも、観たら良かったです(^^;
チベット大好きな私には「グググッ」と引きつけるものが多々ありました。
雄大な自然の映像美もさることながら、実話を元にしたストーリーも良し。
なんか、ダライ・ラマにいろいろ教えて上げてるブラピを観てると、「男に生まれていたら、ブラピにお兄ちゃんになって欲しいな」と思ってしまった。
なんか、釣りだのなんだのいっぱい教えてくれる頼もしい兄ちゃんっぽくて(^^;
女だとまた違ってくるんですけどね。
「セブン」とか「ファイトクラブ」のように「この映画はブラピでなくちゃあ!」と
思わせるインパクトはなかったのですが、「ジョーブラックをよろしく」と同じように彼のもう一つの顔がうまく現れている作
品だと思いました。
ブラピを抜きにしても、良い作品だと思います。

カテゴリー: 映画 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください