男の小物

男は「物」が好きな生き物である。
生活の中で何気に使う「小物」は、持っているだけでも楽しい。
しかし、それが「本物」だったりするとなお良い。
俺の持っている本物。
ゼロ・ハリバートンのコンピュータケース。
通算で5台のノートパソコンを使ってきたが、その4代目、5代目を守っていた鞄である。
これがなければ恐らく2回は間違いなくパソコンを買い換えていたであろう。
車を廃車にしたほどの交通事故の時も、この鞄はパソコンを守ってくれた。
俺は傷だらけだったけど(笑)
ゼロハリにとって傷は勲章。
俺のゼロハリも派手な傷とへこみでいい味がでてきている。
しかしそんなときに金具が金属疲労で折れてしまい、使用不能に。
代理店で購入したものではないので、修理はできず。
というか、ロゴの入った補修部品を取り寄せられない。
次は定価でも代理店で購入するんだ…。
ところで、今欲しいのが万年筆。
モンブランのマイスターシュテック#149が欲しい。
もうすこし小さいもので、classiqueでもいい。
っていうか、20代の男に#149はちょっと不相応だろう。
最近は葉巻にも凝り始めている。
年相応に、シガリロをフカす程度にしているけど、いつかチャーチルとかをフカすのが様になる年になったときに、それから覚えるのでは遅いからね。

カテゴリー: その他 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください