断乳

梨彩は大きい。
まるでガキ大将をイメージさせるがっちりした体躯。
母乳もよく飲むし、ゴハンももりもり食べる。
で、検診時に「卒乳しましょう」と言われたわけです。
それでも、ワタシは「出来れば自然と離れてくれるのを待ちたい」と思ってました。
ひまさえあればオッパイを欲しがる梨彩に負担も感じてはいましたが・・・。
ところが、昨日、オトナの軽く一食分はあろうかというドリアをペロッと食べたのを
見て私は「オッパイはもういいよな・・・」と思ってしまったわけです。
っていうか、このままだと横綱になりそうと思った(笑)。
幸い、一樹は今週中は休みだし、と突然「断乳決行」と相成ったわけです。
もともと、家で二人でいるとすぐにおっぱいとなるのですが、外出先でオッパイを欲
しがって面倒を起こすことはほとんどないし、ベビーカー上では1人で眠っていることもしばしばなので、夜眠るときが一番苦労す
るだろうと踏んでいました。
まず、ニプレス(ブラとかつけない服を着るときとかに乳首に貼るシール)をつけて
梨彩に見せました。
「あれ?」と言う顔で触る梨彩。
「あのねぇ、オッパイ無くなっちゃったんだよ」と教えました。
オッパイにコワイ顔を書いたりわさびや辛子をつけるのは梨彩を傷つけるような気が
してやりたくなかったのです。
オッパイそのものよりも乳首がポイントなのでしょう、最初はニプレスをいじっては
がそうとしたりもしましたが、「なくなっちゃたんだよ、どこに行ったのかな~」とかいってごまかしました(^^;
寝かしつけも梨彩が眠くなるまでまち、遊びながら「オッパイちょうだい」攻撃を交
わし続けます。
眠ったあとも梨彩はすぐに目を覚まして泣きます。
いつもなら添い乳してしまう私ですが、昨夜は枕元にお茶入りのマグをおいて泣いた
らやさしく抱いてあやすのを繰り返しました。
マグは嫌がって受け付けませんでしたが、むりやりオッパイに吸い付くこともせず、長く尾を引くようにきれぎれに泣くのが私は辛かった・・・。
それでも当初は暴れて徹夜もあるだろうと持っていたので少しでも眠れたのはラッキー
でした。
翌日も何度か泣いてから起床。
とりあえず、枕元のお茶をぐぐーっと飲み干す梨彩。
それからはいつものように私にオッパイをせがんだりしなくなりました。
ときどき思い出したようにシャツをまくってオッパイを見るのですが、すっかり張っ
て固くなったオッパイをなでるだけですぐにシャツを下ろすのです。
私も私で、「オッパイ石になっちゃったねぇ」とか言って(笑)。
(本当に石か岩かと思うほど固くなるのだ)
せがみはしないものの、精神安定剤適役割もしていたオッパイを飲まないとやはりい
つもとは調子が違うようで聞き分けが悪くなったりぐずったり。
それでも全然許容範囲。もっと固執してくるものだと思っていたから。
それより辛いのは私の方!
オッパイが張って痛いったらない(涙)
いつもより甘えん坊になっている梨彩を抱っこするのもヒィヒィ言う始末。
すでに感傷にふける余裕なし(笑)。
夕方まで我慢しましたが、全身火照ってくるほど痛くなり梨彩が昼寝しているスキに
一度搾乳。
ふ~~~っ、死ぬとこだった・・・(@_@)
で、この夜半に至るわけですが、梨彩はいまだ起きてます(苦笑)
サイクルが乱れてしまったわけなので仕方ないと思ってますが・・・。
時折オッパイを見ては「カチカチやな~~」ってかんじで突っついています(笑)。
私はいまだ搾乳せず(やりすぎもいけないし、張らせたままにしておくと乳腺炎にな
ることもあるらしいので難しい)
アイスノンを腋にはさんでしのいでいる状態。
さて、今夜は無事に眠れるでしょうか・・・。
明日の日記をこうご期待(笑)。

カテゴリー: 子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください