ネットの世界はこわいなぁ

ある掲示板がちょっとこわかった。
ある映画俳優のファンサイト(いわずもがな)で。
その俳優の事務所の人間っつーのが書き込みをしていた。
ちなみに、その俳優は香港出身で、ジョディ・フォスターと共演もしたこともある人
物だ。
で、事務所の人間は日本人らしい。
つけ加えるならば、その俳優の事務所はその俳優の奥さんが運営している。
事務所の人間の他に熱狂的なファンも掲示板には登場し、その二人がいろいろ書いて
いる。
悪いけど、過去にさかのぼるにつれて胸くそ悪くなってきたので全部は読んでいない。
当たり前だが、そのファンと事務所の人間は同一人物ではないかと疑われていた。
だって、たまに名前が入れ替わってるんだもの。
そりゃそうだ(笑)。
事務所の人間が書き込みするかっつーの。
俳優サイドの人間ってのは、競馬界でいえば、競馬関係者。
馬券は買えないのである。ようするに、ファンとは一線引かなくてはいけないのだ。
かりに、本当にスタッフであったとするなら、その事務所はそのスタッフをクビにす
るのが妥当だろう。
万一、熱狂的ファンのために特別にその俳優とファンを会わせて、しかもその後その
俳優と奥さんとそのファンの子三人水入らずで食事をしたのが真実なら、なおのこと、その事実は他のファンの前では伏せなければいけない事実ではないか。
考えるのもばかばかしい話なのでこれ以上はしないが、ただ、掲示板上で二重人格に
なってしまうほどその俳優が好きって言うことは、アタシと同じくらいそいつはバカ
だって事だなと(笑)。
いえ、アタシが二重人格になってるってことじゃあないですよ。
「好きなパワーのバカさ加減」ってことっす(笑)

カテゴリー: その他 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください