弱体化?

昔はけっこう血生臭い事件や、ワイドショー的な犯罪を興味津々で観ていた。
冷血な犯人やグロテスクな犯行、いじめとかの陰惨なやり口ばかり熱心に観ていた。
まるで道ばたにころがってるイヌの死体に群がる子どもみたいである。
「闇」の部分を知りたがっていたのかもしれない。
今はまるでダメだ。
闇を観ようとする前に、遺された人達の悲痛な心の叫びで胸がいっぱいになってそれ
以上観ることが出来ない。
同時に、自己保身のために犯行と同等の、もしかしたらそれ以上かも知れない組織の
仕打ちに自分まで闇に覆われるような気がしてなんともイヤな気分になってしまう。
昔と違って事件を追い続けることが出来ない。
ニュースも途中で切ってしまうことが多い。
・・・弱体化したんだろうか?、私。

カテゴリー: その他 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください