怒り方

最近の梨彩はしっかり怒る。
「快・不快」から怒りではなく、「構ってくれない」「思い通りに行かない」ことで
癇癪を起こす。
その起こし方も、以前は泣くだけの怒り方だったのが、最近はそこらの本やおもちゃ
に八つ当たりするように。
もちろん、これは悪いことなんだけど、やはりこれも成長のひとつ。
見ていて興味深い。
ちなみに、彼女は私がパソコンをいじるとやきもちを妬いて邪魔をする。
ひざの上に登ってきて私の両手をぎゅうっと抱きしめる。
ふりほどいてキーを打つ私。邪魔をする梨彩。
ちょっとした日記を打つのも「闘い」なのである。

カテゴリー: 子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください