肌の丈夫さ

思春期はなかなか減らないニキビに大苦戦だった私。
落ちつきある今、冷静に振り返ると、いくつもの「落ち度」があったことに気づく。
まず、食事。
一日5食食べていた高校時代。
学校帰りのラーメンはやはりマズかったはず。
睡眠時間。
毎夜毎夜「ビデオ大会だ~~」とか言って夜更かし。
もちろん、かたわらには食べ物(笑)。
カッコ付けて煙草すって安酒をかっくらう私。
・・・お肌を痛めつける毎日だったと反省しきり。
私にとっての肌の一番の敵は「睡眠不足」。
ついで、酒と煙草である。
徹夜で友達と飲みに行った翌日はまるで日中のススキノのようにうらぶれてしまう。
それを「アタシって脂肌でさぁ、ニキビ減らないんだよねー」なんて言っていた。
今は当時みたいに「ニキビ大噴火」までは行かないが、ちょっと油断すると「吹き出
物」がぽつぽつできる。
相変わらず、睡眠不足に弱い。
でもねぇ、肌を痛める行為って、楽しいことが多いんだよねぇ・・・。

カテゴリー: コスメ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください