TATARI

ジャケットのグロさと、「人体実験が行われた精神病院」が舞台というコピーにひか
れて(笑)。
でも、監督がロバート・ゼメキスだったのでB級のスプラッタにはなってませんでし
た。
予算かけてないチープな作りではありますが、カメラワークなどにやはりセンスが。
グロいスプラッタで悪夢のような話を求めていた私にはちと味けなかったかな。
ストーリーはどことなく「シャイニング」とかあちこちのホラー映画のネタの香りが
します。
精神病院の人体実験というグロなキャッチは映画冒頭以外にはあまり出てこなかった
ですね。
ホントかウソかちょっと分かりづらい展開も「怖い」と思わせるキモチを若干弛めて
いた感がありました。
一番印象深かったのは最初の方に出てきた「壊れたエレベーター」アトラクション。
これ、一度しか通じないワザだけど、ホントに知らずに乗ったらちびるかもしんな
い(^_^;

カテゴリー: 映画 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください