小説家をみつけたら

主演:ロブ・ブラウン・ショーン・コネリー(製作にも参加)
コネリー氏の出てる映画にハズレがないのを実感する映画。
じわじわ系にくる映画ですね。
うーん、コネリーさんはアクションも魅せるけど、こういう偏屈じじぃを演らせ
たら一級品です。
最後のスーツ姿は「やはり元英国諜報部員だわ」と思わせますが(カッコいいん
だもーん)
個人的にジャマールの兄貴役が「バスタ・ライムス」なのがツボです(笑)
しかも、地で演じてる(?)のがまた…。ラップの彼そのままなんだもの(^_^;
それなのに、いいワキとして味を出してるのがおもしろかった。
映画の色のトーンとかもよくて、ニューヨークの雰囲気がたっぷり味わえるのも
個人的によかったっす。

カテゴリー: 映画 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください