スパイ・ゲーム

ブラッド・ピット、ロバート・レッドフォード主演。
予告でぜんぜんソソられなくて、配役にもあんまり魅力を感じなかった作品。
(レッドフォードがあんまり好みじゃないだけ)
が、おもいのほか面白かった。
回想シーンで戦争とか派手なシーンは出てくるのだけど、メインは卓上(?)でヒソカに行われるレッドフォードの行動。
「スパイ・ゲーム」だもんな、スパイ活動って隠密だもんな。
相手を華麗に欺きつつ、ブラピを「頭脳」で救出するレッドフォード、かっこいいぞ。
自分が男だったら、ああいう上司の元で働きたい。
が、ぜったいにああいうダンナは欲しくない(笑)
ブラピも役柄がハマっていてよろしいよ。
「ファイトクラブ」とかにみたいに突き抜け感はないけれど、忠実に役をこなしてる。
地味目だけどなかなか佳作。

カテゴリー: 映画 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください