ふきんソープ

第一弾の「とろとろ石鹸」がなくなったので、二回目にチャレンジした。
気がせいて、ほとんど沸騰した状態のお湯使ったら、やっぱりシャバシャバに。
なんか、白い澱のようなものが浮遊しており、今回は時間がたってもとろみがつく気配がない。
汚れ落ちは変わらないんだけど、気分は失敗モード。
何にでも使えるとろとろ石鹸だけど、実際のところ、台所まわりはオレンジ洗剤を使うことが多い。
じゃあ、この際食器洗いは固形石鹸ひとつでいいんでは?
と言うことで、「白いふきん洗い」(ミヨシ)を買いました。いっこ100円でした。
こんなの、つかうのばあちゃんだけだと思っていた私でしたが、(どうしてだかわからんがそう思っていた…)
固まっているか液状かの差しかないし、これなら手も顔も髪も洗えるじゃん。
(さすがに髪はパーマなうえにダメージ髪なのでやらんと思うけど)
それに、台所ふきんっていままでジョイとかで洗ってたんだけど、いっつまで濯いでも泡がなくならなくて。
やはり、もちは餅屋。
ふきんソープで洗ってみようと。
ところが調べてわかったことだけど、メーカーが「洗濯用」「洗顔用」などと分けて売っているのは「家庭用品品質表示法」とかいうのに基づいているそうでして、ほんとはどっちに使っても良いとしても「どちらか」にせねばならんそうな。
そういえば、通販で手作り石鹸売ってるところも、「台所用石鹸」として売っていた。
もちろんユーザーは洗顔、洗髪用に買っていくのだけど。
んで、ふきんソープで皿洗ったんだけど、これが使いやすい。
むくむく泡が立つし、すすぐのも楽。
肌用のと違ってグリセリンとかの保湿成分は入っていないはずなんだけど肌も荒れない。
ふきんもこまめに洗って清潔に使えるし。(普段がフケツなだけか?)
ただ、ふきんソープは化粧石鹸と違って表示指定成分を明記しなくてもいいらしいので、添加物の気になる人はサイトなり何なりで調べてからにしたほうがよいかも。
たいていのふきんソープは純石鹸だと思うけど、パラベンとか入ってるやつもあるかもしれない。
とはいえ、そこらへんの洗顔石鹸よりはずっと安全なはず。

カテゴリー: その他 パーマリンク

3 Responses to ふきんソープ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください