手打ちそば処 さっぽろ玄庵

無類の、というほどではありませんが、自称「蕎麦好き」なので、遂に蕎麦カテゴリを新設しました。
とりあえず、現在住んでいる札幌市白石区の蕎麦屋制覇を足がかりに、札幌市内の蕎麦屋を食べ歩こうかと思っています。
記念すべき第1回は、兼ねてより気になっていたうちの劇近所「手打ちそば処 さっぽろ玄庵」さんです。
娘を幼稚園に送っていく途中にある店で、なんとなく気になってたんです。
今日は連日の体調不良が完調でなかったため会社を昼で早退してきまして、喉が腫れているもんだから普通の食事がとれず、冷たいものをつるっとやりたいということで、幼稚園のお迎えの帰りに寄って来たのです。
下の娘(10ヶ月)をベビーカーに乗せて暖簾を潜ると、ちょっと狭く曲がりくねった上に段差が…
「うぅむ、バリアフリーではないなぁ」と早くも俺の中で危険信号が点滅!?


そんな危険信号を、お店の雰囲気が癒してくれた。
お店に入ると、すぐおばさんたちが娘たちを抱き上げてくれたり、とっても愛想良し。
一気に親近感がワキマス。
もちろん、子連れということでこちらも遠慮して、わざと手が空いている時間帯狙って行っているわけなので、子供を構ってくれる愛想の良さはポイント高し。
最初に出てきたのは、水ではなく蕎麦茶。
今日の札幌はとても暖かく、初めての夏日じゃなかったかな、そんな暑い日に涼みに蕎麦屋に入っているわけで、そんな中で熱い蕎麦茶はこれまたポイント高し。
下手に水出されると、冷たい蕎麦の感動が霞むしね。
お約束なので、メニューも見ないで俺はセイロ。
妻は、鴨セイロを。
この店は、わさびが言わないと出てこない。
わさびの代わりに大根おろしが上品に少量ついてくる。
そもそも薬味を最初から出してくるという時点で減点、ってのは海原雄山じゃないんだからそこまで言わないにしても、薬味に何の配慮もないというのはいただけない。
その点ここは、下手に本わさびと鮫皮おろしなんか出したりせずに、かといって何の配慮もなく練りわさびでもなく、大根おろしという選択が非常にポイント高し。
っていうか、ここんところ薬味に大根おろしを使うことが多かったので、自分の好みにマッチしたってだけなんだけど、それでも好感持てるよね。
刻み葱も上品に少量。
控えめな量の薬味にとても好感が持てました。
セイロが出てきたので、まず何もつけずに蕎麦だけを直接いただきます。
俺らも風邪引いてるし、そもそも舌を鍛えているわけでもないんで、偉そうなことばかり言えないのですが、蕎麦を洗った水がバリバリ水道水の場合、こうやっていただくことでカルキ臭がバレバレなことがあります。
蕎麦はニ八で並粉でしょうか。
風邪引いてるってのと、時期的なこともあってか蕎麦の香りが強く感じられるわけではありませんでした。
(新蕎麦は9月頃収穫なので、夏はもっとも蕎麦が美味しくない時期とされます)
とはいえ、しっかりとコシがあり、冷えた蕎麦は十分おいしゅうございました。
つゆは角が無く丸い甘めな味付けで、淡いここの蕎麦にはとてもよく合うと思いました。
マイナス要素は、バリアフリー度と店内が完全禁煙では無い点ですかね。
バリアフリー度については、あの店の大きさと雰囲気からいって、やむを得ない感もあります。
むしろちょっと隠れ家的な雰囲気でいいかも。
近所ということもあり、今後は足しげく通うこととなる予感。

カテゴリー: 食べもの パーマリンク

12 Responses to 手打ちそば処 さっぽろ玄庵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください