自然の癒し効果

うちの家のすぐ近所には外周にそこそこの枝張りのある木がぐるっと植わっている公園があります。
最近、幼稚園の送り迎えに吸い寄せられております。
木のあるところに吸い寄せられることってありませんか?
私自身の記憶だと、過去に何度か「木々に吸い寄せられた時期」があるのです。


まず、過去何度かあった、「失恋期」。
落ち込んでる期間が終わり、これから復調するという時期に吸い寄せられました。
学校サボって木の下で昼寝したり、仕事合間の休みに木の下に行ってご飯食べたり。
休みの日も木のある公園(札幌で言うならば、野幌森林公園あたり)に行ったり。
当時、意識してなかったのですが、こないだ「自然が足りない!」と気づいてから思い返したのです。
過去にもすでに同じ行動をなんども取っていたのですよ。
海にも何回も行っていましたが、海と緑では癒し効果がちょっと違う気がします。
海はこちらが身を投じる(投身自殺じゃございませんことよ)と、「どこまでも受け入れてくれる」
それが、「癒し」に感じるような気がします。
実際に、海が何かしてくれる感触はないんです。でも、実際問題としてすごくラクになる。
木々のほうはあちらから手を差し伸べてくれてるような気がするんですね。
やさしーく撫でてもらってる気がするんです。
妄想ですかねー。
仕事で疲れたときも、あるリミットまでは友達と飲んだり遊んだりして発散するんだけど、それ以上だと駄目。
海か緑のところへ助けを求めてました。
失恋したときも、落ち込んでるときはひたすら繁華なとこで飲んで飲んで飲んでました。
・・・とことんまで落ちないと回復できないダメ体質みたいですね、私(汗)

カテゴリー: その他 パーマリンク

5 Responses to 自然の癒し効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください