お鍋でごはん

友達のコセキ女史に、「土鍋でご飯炊くと美味よー」と教えてもらった。
いつかためそうと思っていたけど、不精モンだからずっとやってなかった。
なんと言っても、お鍋でご飯炊いたこともないもんで。
「蒸す、炊く、焼く、煮る」がこなせる四得(?)鍋を買ったので、ご飯を炊いてみることにした。
この鍋、ガラスのフツウのふたもついてるんだけど、フライパンにもなる重いふたも付いていて、炊き作業のときに使うようになっている。


で、炊いてみたんだけど、なかなかおこげができない。
というか、皆さんが絶賛されるような美味なご飯にならない。
ちゃんと芯なくやわらかく炊けてはいるのだが・・・。
そして、オットが言っていたこと。
「始めチョロチョロなかパッパでしょ?なんで最初強火なの?」
だって・・・。どこみても(レシピの栞見ても)そう書いてあるんだもん。
「最初は強火から中火で、吹き零れ始めたら弱火にして~」って。
とまあ、今もご飯炊きながら調べておったのだが、なんだろ、上手に炊けた。
うっかり、いつもより長くグツグツ煮たのがよかったのかな。
そこにうっすらオコゲができて香ばしい香りがついてる。
芯はないけれど歯ごたえのあるちょうどよい炊き加減。
(我が家というか、私とオットは固めのご飯が好きなので)
うまー。しかし、こういう日に限ってオットの帰りは遅い。
もう、先に作って食べてよっと。
今夜はトンポーローをご飯にのっけて、付け合せに鶏肉とほうれん草の入ったにゅうめんなのだ。
うひー、おなかすいた。作ろう作ろう。もう待てん。

カテゴリー: 食べもの パーマリンク

3 Responses to お鍋でごはん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください