Bourne Identity

マット・デイモン主演、どうも僕の中の彼は天才モノが好きなイメージがあります。
Good Will Huntingとか、Rainmakerのイメージなんだと思います。
そのどちらも、主役の彼のイメージが弱かったので、余計偏ったイメージになったのでしょう。


前者ではロビン・ウィリアムスのおかげで映画成り立ってたし、後者はチョイ役のミッキー・ロークのかっこよさだけが記憶に残ってますし(笑)
そういう偏ったイメージから言えば、バリバリそのイメージを固定化してしまった本作品ですが、今作品では彼を喰ってしまうような役者がいなかったので、結果的に良かったと言えました(笑)
アクターズ・スタジオ・インタビューだったかにベン・アフレックが出てたときに、親友として客席に彼が来てましたね。
正直なところ、真面目でいい役者だと思いますよ。
でも、もう少し型を破って違う演技してみてもいいんじゃないかなぁ。
Bourne Identity

カテゴリー: 映画 パーマリンク

3 Responses to Bourne Identity

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください