おばんざい

京都は銀閣寺のそば。
「お菜ところ」でおばんざいを堪能してまいりました。
要するに、お惣菜。家庭の味。
これが流行りらしくて、あちこちでこの「おばんざい」の言葉を見かけます。
きんぴら、高野豆腐、卯の花、はんぺん、ひじき、切干大根、さつまいもなどなど。
それらをおかずにご飯を食べるのです。
惜しむらくは、にしん蕎麦を控えていたため、ご飯のお代わりを断念せざるをえなかったこと。
あぁ、ひとつひとつが丁寧につくってあって、心が洗われる思いすらしました。
おばんざいとは、京の家庭料理。
京都の人は、本当ならそんなものお客様に出したりしないのに、それがご馳走になってしまう昨今はいかがなものなんでしょうねぇ。
調味料まみれの、日常食が悲しくなります…

カテゴリー: 食べもの パーマリンク

1 Response to おばんざい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください