カフェめしってナニ?

最近、おしゃれっぽいお皿とかボウルに「これでカフェめしを!」とかポップが付いてるのをよくみかけます。
なんだろう、喫茶店の軽食というのを言い換えたものなんでしょうか。
どうも、ワンプレートにこちょこちょと盛りつけた感じらしいです。
(ポイントは、「おしゃれに盛り付けてある」ことらしい)
軽食よりもさらに軽めの一皿、ってところなのかしら?
そして、そういうのを出してるのは若いもん向けのおしゃれーなとこが多いみたい。
おお?
いま、横からオットが、「カフェと喫茶店ってのはちょっと違うんじゃないか?」と発言しましたよ。
うーん?どうなんだろう?横文字にしただけかと・・・。
そりゃ、「カフェ」の方がおしゃれな響きだけども。
(そういや、80年代栄えていたカフェバーって今はどうなってんでしょうか、絶滅したんでしょうかね?)


カフェめしのレシピ本なんて言うのもあるみたいですね。
おしゃれさはないけれど、平日の私の昼ご飯はいつもカフェめしスタイルですよ。
朝ご飯のおかずの残りと、コドモのお弁当のおかずのあまりと、朝ご飯の残りのわずかな冷ご飯を全部一皿に載せて食べてますもん。
カフェ(喫茶店)めし(軽食)と聞いて私がまっさきに思い浮かべるのは、名古屋はコメダコーヒーのプレートです。
でっかい銀のプレートに雲をつくような高さのサラダとアツアツのほっこりパン。
カツも熱くてサクサク。
大体カフェめしというのは小さいカフェテーブルにあわせて小さい器を採用しているそうですが、コメダは違う。
どっしりくつろぐための喫茶店だからテーブルもしっかりでかい。
あ、これは休日の朝ご飯を喫茶店で食べる名古屋の習慣(通称「モーニング」)のせいもあるかもしれない。
とにかく、でっかくてオナカ一杯になるカフェめしである。
私が「喫茶店」で頻繁に「食事」していたのはやはり働いていたときだったのですが、それはまだカフェめしなる流行りがない頃。
そのときですら、「喫茶店のご飯はやはり軽食どまりでオナカすいちゃうなー」と考えておりました。
当時すでにカフェめしが流行っていてどこもかしこも「凝ってはいるけど子供だましな分量」のごはんに辟易していたかもしれません。
とはいえ、私はいまだに「カフェめしらしいカフェめし」を食べたことがないのです。
コドモ連れでは「おしゃれなカフェ」には入りにくいから、たいていファミレスみたいなとこに落ち着いてしまうんですよねー(涙)
・・・3時のオヤツにカフェめしを食べたい・・・。

カテゴリー: 食べもの パーマリンク

5 Responses to カフェめしってナニ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください