東京優駿(日本ダービー)

北の期待を一身に背負ったコスモバルク(2番人気、5枠9番)は、8着惨敗。
掲示板にも残りませんでした。
キングカメハメハがレコード勝ちで変則2冠(NHKマイル、日本ダービー)達成です。
残念ですが、相手が強かった。
これでダービーは、2001年ジャングルポケット、2002年タニノギムレット、2003年ネオユニヴァースに続き、2004年キングカメハメハと、4年連続1番人気が1着ということになりました。
過去18年間、ダービーで2番人気が勝ったのはたった1回、1999年のアドマイヤベガだけでした。
バルクはこのレースまで8戦5勝(2着3回)でしたから、これが初めての惨敗(今回8着)です。
これをバネに今後どのように這い上がってくるのか、それを楽しみに応援しつづけたいと思います。
夏にはきっと、札幌競馬場で会えることを楽しみに。

カテゴリー: 時事 パーマリンク

2 Responses to 東京優駿(日本ダービー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください