トラフィック

トラフィック

「眼で女を妊娠させる」と噂のトロさまが見たくて。
トロさまアカデミー助演男優賞受賞作品ですね。
これで妻の次の生理がこなかったら、トロさま出演作品は「リング」並に危険ですな(笑)
群像劇ですが、マグノリアほど登場人物が多いわけでもなく、そんなに混乱せずに見れます。
あとで気づいたんですが、シーンごと基調となる色を分けて、わかりやすいように工夫されているそうです。劇中全然気づきませんでしたが(汗;


題材が題材だけに、もっと果てしなく重いのかと思ってました。
確かに軽くはないですし、十分重いのですが、お涙頂戴があるわけでなく、画期的な解答が用意されているわけでもなく。
あぁ、これが本当に現実の一部分なんだろうなと。
でも、悲しいかな、日本人にとってはそこまでなんですね。
さすがに、日本の高校生の4人に1人がヤクやってるって状況じゃないんで。
でも、僕は高校生の時に1ヶ月ほどアメリカにホームステイしたことがあって、そのときに麻薬で高校生が検挙されるところを、車で通りがかって始終見ていた経験があります。
中学の卒業アルバム見せられながら、こいつはマリファナ、こいつはコカイン、こいつは両方・・・みたいな話を笑いながら普通にしてましたな。
僕はやってきてませんが、かなり身近なんだということは感じましたね。
この作品でも、父親と娘の関係について、かなり厳しい現実を突きつけられました。
救いの無いシナリオの中で、ほんの少し心が和むのが、マイケル・ダグラス扮する父親が最後にした決断ですか。
「聞き役です。」
あと、トロさまは顔が渋いだけじゃなく、情報提供の見返りに要求した物も渋かった。

カテゴリー: 映画 パーマリンク

2 Responses to トラフィック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください