アルカトラズからの脱出

アルカトラズからの脱出

イーストウッド主演。1979年製作。
実話を元にした、刑務所からの脱出劇を描いた映画。
過剰なアクションやベタな盛り上げいっさいナシ、なのにすごい緊張感が続く作品。
思いかえしてみると、音楽もすごく抑えた使い方。
ひたすら、地味に淡々とストーリーが続きます。
というか、ラストなんてあっけないくらいです。
勧善懲悪、みたいな製作者側の押し付けがましいメッセージがないのが気持ちいいです。
ひたすら、「脱出」だけにピントを絞った展開。
もう、あんなに地味なのになんであんなに緊張感が続くんだろ、ってくらいピーンと空気が張り詰めてます。
だからこそ、数少ない緊張が緩んだシーンなどで交わされた言葉が記憶に残り印象を強くしています。
昔の映画なので撮影手法に多少の古臭さがあったりしますが、そんなのなんのマイナス点にもならないくらいいい出来の映画だと思いました。

カテゴリー: 映画 パーマリンク

4 Responses to アルカトラズからの脱出

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください