風邪、5日目

今週の水曜日に、体調が悪いと感じでいたのに、それを「走りたくない病」だと思って無理に走ったのを最後に、5日間ずっと風邪が続いている。
今週はずっと客先で導入作業があったため、自分の都合で休むわけにもいかず。
38℃の熱を押して仕事をし続けていたのも良くなかったのだろう。
小出道場のスポンサー企業さまからの支援の品も続々と届き始め、4月から小出監督の練習メニューが始まるというのに、気が気でない。
このままじゃ今月の走行距離は200kmに満たないだろう。
この土日で30~40kmは走っておきたかった。
でもまぁ、この週末はずっと天気も悪かったことだし、休めてよかったとも言える。
前向きに捉えることも大切か。
新しいレースシューズを履いて、ウェアを合わせてみたり、家の中でファッションショーをやりながら、高熱を出している癖に半裸に近い状態でほっつき歩いて、それが31歳の男のすることかと妻に窘められもした(^^;;;
早く風邪を治して走りたいよぉ・・・・。
5日も走らないと、「走りの虫 (c) navi」の声どころか病気になりそうだ。


毎朝起床時、床を起きだす前に安静時心拍数を記録しているが、やはり体調にリンクして心拍数が変化している。
水曜日は体調良く、安静時心拍も56と通常どおりだが、その夜から体調が崩れる。
木曜日の心拍は74、体温は38℃。
金曜日の心拍は79、体温はやはり38℃だったが夕方から体調が戻る。
土曜日の朝は体調良く、心拍は61だったが、午後から37.8℃。
そして今朝は、心拍73で37.7℃だ。
二日酔いの朝などは心拍数が90以上になることもある。
この風邪、どうやら妻の母から下の娘を経由して僕に感染したものらしい。
当初、下の娘とほぼ同時期に下痢になり、すわウィルス性胃腸炎かと焦ったのだが、そうではなく風邪だったようだ。
咳や鼻水は出ないのだが、胃腸の調子がやや悪く、クリーム色っぽい軟便がでる。
喉が若干痛いが、辛いほどじゃない。
熱も高すぎず38℃前後。
か~っと40℃くらいまで上がって、一気に治ってくれるといいのだが、このくらいの体温が持続するのもかなり辛い。
体中の関節の神経が剥き出しになってるような感じ。
何より辛いのは、そんな状態が日曜日の今になっても完治してないこと。
今週はどうなるのだろう・・・。

カテゴリー: ランニング パーマリンク

6 Responses to 風邪、5日目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください