アオタイ、ゼッケン引換証届く

家に帰ると、青島太平洋マラソンのナンバーカード通知書が届いていました。
ハガキ一枚じゃなくて、封書です。
中には、
・大会情報の小冊子
・タクシー割引券300円×2枚
・ナンバーカード通知書兼誓約書
・ピンクリボン(乳がん早期発見、早期治療の啓発)
が入っていました。
これが届くと、後もう少しなんだなと実感しますね。


今回は、ちょっと遅すぎる夏休みということで、家族を連れて宮崎へ行きます。
妻の母方の実家が日向市なので、曾孫を見せに行くのも大切な目的のひとつですから、上の娘には1週間ほど小学校を休んでもらいます。
結婚のご挨拶もしておりませんし、子供が小さいときしかこんなことも出来ませんし。
・・・ですが、それは後半分の予定でして、前半のメインは青島太平洋マラソンです(^^;
直前まで仕事が厳しい状態が予想されるので、土曜日移動で、翌1週間まるまる宮崎に滞在する予定でおります。
土曜の夜の宿は、青島グランドホテルにしました。
会場まで4km程度と近いので、最悪徒歩でも移動できます。
今回は全日程レンタカーを手配しているので、車の移動もできるのですが、土地感もありませんし、駐車場が混むことは容易に想像できますから、きっとタクシー割引券使わせていただくと思います。
とってもありがたい特典ですね。
さすがに、2004年度ランナーズ「全国マラソン100撰」で4位だけありますね。
他にも、周辺の温泉が割引になったり、無料で入れるところまであるようです。
今回のゲストランナーは、ボストンマラソンの山田敬藏さん、メキシコ五輪銀メダリストの君原健二さん、そしてそのまんま東さんです。
山田敬藏さんは、僕、小さい頃に会っているらしいです(^^;
向こうもこっちも覚えてないと思われますが。
そのまんま東さんは宮崎出身だそうで、クリールの連載にもありましたがサブ3を狙っているはずですね。
僕のことも読んで知ってくれてるかも?
で、無事サブ3達成後(もう完全にその気)は、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートへ宿を移し、2泊する予定。
バンヤンツリースパのスポーツマッサージで疲れを癒し、サブ3の余韻に浸るはずですよ。
ただし、旅行期間中はオーシャンドームが改装工事とか(涙)
妻はホッとしているようでしたが(笑)
そして、4泊目からは日向に移り、妻の祖母宅へお邪魔する予定です。
今は仕事と青島のことで頭の中いっぱいなので、そこから先の旅程は妻にお任せ。
ゆっくり骨休めしてきたいと思っております。
るうじさん、パパさん、こあきさん、青島でお会いしましょう!!

カテゴリー: ランニング パーマリンク

7 Responses to アオタイ、ゼッケン引換証届く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください