アユーラ・10thアニバーサリーアユーラ

アユーラの10周年記念コフレ。
メディテーションバスというアユーラのロングランヒット商品を中心にしたコフレです。
上記のアイテムは入浴剤なのですが、香りがとってもいいんです。
ラッシュに出会ってからはご無沙汰してましたが、この香りが好きでアユーラの香水まで買っていた私ですので、今回の「メディテーションの香りそのものの香水が出る」というのはまさに「待ってました!」というところ。
ニュースが出てすぐにカウンターで予約して、発売日前にフライング購入したのでした(笑)
以下、各アイテムの使用感などレポートいたします。


写真の背の高いボトルは入浴剤。
レギュラーボトルより小さめのトライアルサイズ。
二層式で振って使います。
現在超乾燥肌(ボティだけ)の私はメディテーションバスの保湿力では物足りなく、香りを楽しみたいときだけ使っています。
・・・というか、保湿も何も、オット向けに「バブEX」しか最近使ってないことに気づきました・・・
(バブEXは筋肉疲労とか、肩こりなどに効く薬用入浴剤)
隣の小さいボトルはメディテーションパルファム。
蓋についてるスパチュラで皮ふに垂らして使うオイル状の香水。
まんま、メディテーションバスの香り!(喜)
つけたてはまさに「入浴剤」です(笑)
すぐにそのツンとしたところは飛んで、やさしくさわやかな癒し系の香りになります。
香りもちはこの手の香りにしてはあるほうですが、飛散型ではないので香水派じゃなくても気軽に付けられそう。
私は外出時はSASOやオムニアなど重めの香りを好んで付けてるのでこの香りは寝るとき専用アイテム。
おかげで、この香りを嗅ぐだけで眠くなるようになってしまいました(笑)
ハンドケアをして、この香水を手首にすりこんで綿手袋をしてクンクン香りを嗅ぎながら眠りに付くのが最近の至福タイムです^^;
まあるい、亀のような概観のはメディテーションクリーム。
香りはやや丸く、穏やかで控え目。
驚くほどたくさん入っていてちょっと嬉しいw
さらっとして伸びがよいクリームで保湿重視だと物足りない感がありますが、春夏だとちょうどいい感じかも。
私はいまは無香料のボティクリームのあとに重ねづけで使用中。
寝る前にハンドクリーム(こちらも重ねづけで)として使ったりもします。
フレグランスクリームとしては機能性もきちんとしていて優秀です。
コフレ限定品らしいのですが、メディテーションバスのラインとして商品化して欲しいなぁ。
手前3品は、ネイルカラー、アイシャドウ、フェイスパウダー。
ネイルとシャドウはコフレ限定カラーと既存色から選ぶことができて、私はいずれも既存色から選びました。
ネイルは未使用なんですが、ティーオレBE11で手肌になじむオレンジベージュ。
シャドウは、「どうせなら手持ちにない変わった色を」と選んだモミジというやつ。
くすんだ朱色(!)とくすんだカーキゴールドの組み合わせ。
この朱色はそのままベットリ付けちゃうと「なんちゃって京劇」みたいになって甲高い声で歌いだしたい気持ちになってしまうのですが(笑)
カーキ色をアイホールに伸ばした後にこの朱色を眼の際目尻よりにぼかしいれ、その上にまたカーキを重ねるとすんごいいい具合に枯れたオレンジ色になってよいのです~~。
とってもおとなしい風合いなので私はこれに手持ちのシャンパンゴールド色のシャドウを眉下にさっとひと刷毛入れて使ってます。
和風な目元で、暑苦しくない暖色系の目元の出来上がり。
しかも、二重の溝に色がヨレてしまいやすい私ですが、このシャドウはそんなことがぜんぜんない!
口コミでは少々評価が芳しくないシャドウだったので期待してなかったから、これは嬉しい誤算。
フェイスパウダーはピンク系~白系の色がモザイクタイルみたいになってる固形パウダー。
仕上げに使うと肌に透明感が出ます。
お化粧直しでつかってますが、さらさらしてとっても使いやすいです。
これはコフレが出るたびにコフレ限定品としてでてるそうですね。
小さめ容器なんだけど、けっこう厚みがあるから、ポーチの形状によってはすこしかさばるかも。
機能性はばっちり。
最後に、赤いボックス。
表面にレースが張ってある、重厚なボックス。
蓋裏に鏡が付いているほか、中に小さい仕切りの箱がついています。
安っぽくないボックスなので活用したいのですが・・・箱の高さが中途半端で四苦八苦。
現在使いみちを模索中。
もともと「香水がこの値段で買えるなら安い」と買ったので、正直他のものは「おまけ」ぐらいにしか考えていませんでした。
思いのほかどれもこれも使えて捨てアイテムがなかったのでものすごく満足しています。
アユーラはもともとキットの評価が高いブランドですけど、久々にその恩恵にあずかれたかたちになりました(^_^)
店頭に在庫が残ってるのかどうか確認してないので分からないのですが、オンラインではまだ購入することができるようです。
気になる方にはお勧めいたします、あるうちにぜひ!

カテゴリー: コスメ パーマリンク

2 Responses to アユーラ・10thアニバーサリーアユーラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください