くりやま100キロ遠足の応援

7/1(土)。
アルゼンチンのまさか(私たち夫婦にとって)のPK敗退にガッカリしながらも朝方就寝。
2時間程度でスズメバチの羽音で目覚め、追い出すのにひと騒動(笑)
朝から慌しい幕開けで、一日が始まりました。
そんなわけで、「くりやま100キロ遠足」の私設エイドしてきました。
去年と同じく場所は「馬追名水」の前。
スタートから80キロちょいくらいの場所です(たぶん)。
ここはランナーが少し足を止めて水を飲みたくても、行列のせいで飲めないことが多いのです。
ここのお水は美味しくて有名で、けっこう遠い場所からもお水を汲みに来る人があとを絶ちません。
去年はそれを知らず、水が飲めず(飲む時間がない)涙をのんでるランナーさんをたくさん見たので今回は対策を立てて挑みました。


実家からキャンプ用の蛇口(みたいなの)つきのポリタンクを借り、水を汲み置きしてそれを飲んでもらいました。
晴天で気温も高い中で、お水は絶大な威力。
ほとんどのランナーさんが立ち寄って飲んでいかれました^^
汲んだばかりの冷たい名水はとても喜んでもらえました。
(途中、小分けで汲んだ水をタンクに継ぎ足して冷たさを維持)
給食として用意した一口アンパンや羊羹、塩飴なども好評。
・・・実は、前日に用意した5個入り×10袋のパンを家に置き忘れて慌てて長沼市内で買いなおしたのですが(笑)
一緒にエイドしてくださった方たちのプチトマトや梅干、おにぎりの差し入れも人気でした。
タンクと一緒に借りた椅子も、一休みの場所として有効利用できて去年やった私設エイドと比べて段違いに上手くやれました。
そうそう、Kuriさん用にビールの小缶を用意してましたが、それが他のランナーさんにも好評で嬉しいながらもちょっと驚きでした。
5~6本用意しておそらく余るだろうと思ってたんですが、全部なくなりました・・・!
うーん、ガソリンがいるんだなぁ(笑)
私があんな状態でアルコール飲んだらブッ倒れてしまいそうですw
子どもたちは飴やお水を手渡す係りとして大活躍。
去年は恥ずかしがって頼んでもやってくれなかったので、成長したのかなーと親としてほほえましくも嬉しかったり。
「いや、おじさんは要らないんだよ」と断っていたランナーさんにたたみかけるように、「だったらポケットに入れて走ればいいじゃないの」と言い放った次女(笑)
根負けしたのか、「わかったわかった、もらっていくよ」と一度断ったランナーさんがポッケに飴をしまうというのを目撃して笑ってしまいました。
そんな感じで、娘たちは時に強制的に補給させていたりしました(笑)
でも、それが最後の力を引き出すお手伝いができていたとしたらこの上ない幸せです。
夕方、naviさんを見送ってエイドを終了。
まだランナーの残るコース上を後ろ髪引かれながら帰宅しました。
(レンタカーの返却時間が恨めしかったです(^_^;)
無事ゴールできた皆さん、おめでとうございます。
いっしょにエイドしてくださった皆さん、ありがとうございます。
エイドに立ち寄っていかれたランナーの方々、ありがとうございました。
次女が「お水をのんでくれてありがとう」と言っていました。
本来なら、お礼ってもらった方が言うような気がするのですが、エイドやってると逆になっちゃうなぁと思いました。
「お水飲んでくれてありがとう」「休んでいってくれてありがとう」「食べてくれてありがとう」
そう思えるから、またエイドやろうって思えるのかもしれません。
エイドしながら逆にパワーをもらってる気がするんです。
#来年のエイド設営に向けての箇条書きメモ
・紙コップはリサイクルするとヘタるので、プラコップを準備。
・水はもっと大容量で汲み置きをする(保冷のためにクーラーボックスを用意した方が良い)
 冷たいお水はただ飲むだけでなく、身体を冷やすためにも必要なので量があったほうがいい。
・派手な方が「エイド」としてアピールできる
 (人の数やノボリなど。今回は大人数になったので寄りやすかったのではと思います。)
・ビールは需要がある。
・日焼け止めは、2時間おきに塗りなおすこと!!
 (・・・・めちゃくちゃ焼けましたorz)

カテゴリー: ランニング パーマリンク

11 Responses to くりやま100キロ遠足の応援

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください