札幌マラソン

3度目の札幌マラソンがやってきました。
2年前の札幌マラソン、10kmで51分から始まった僕の再スタート。
去年の札幌マラソンでは当時の自己記録を更新し、ハーフで1時間21分57秒でゴールしたのでした。
確実に成長の足跡を記してきた札幌マラソン。
今年は、上の娘りさとの親子ファンペア2kmと、ハーフのダブルヘッダーで挑みました。
出張がちでほとんど家にいることが出来なかったため、娘と練習したのはたった2回。
札幌マラソンの親子ファンペアは、やはり他の大会と比較して層が厚く、シーハイルさんいわく、キロ4切らないと入賞できないとのことで、今回は練習の様子を見て早々に諦めました。
楽しく頑張れればいいかなぁと。
でもハーフの方は、NYCマラソンに向けての練習の一環。
仙台国際の煽りで、札幌国際ではおもいっきり楽しんじゃって自己ベスト更新してないので、この辺でさくっと更新しときたいなぁと。
別海パイロットマラソンでは、僕の道マラ記録を塗り替えるとかって背中を窺ってるライバルもいるので、うかうかしてられんのです。
きっちり逃げをうっておかないと。


さて、10:20スタートの親子ファンペア2kmのために、今朝は7時起床、8時前に出発、9時過ぎには会場入りしてました。
ハーフのスタートは11:50、あと3時間近くあります…
早く来たつもりなのに、会場は既にごった返し。
隙間を見つけて、さっそくいつもの場所に陣取りましたが、誰も来ない来ない。
そのうち何となく予感がして、ふらっと散歩に出かけたら、今年も来たまっちさん、そして初めてのマサさんと対面することが出来ました。
そのうち、おおひろさん、こうめさんもやってきました。
こうめさんのところには、信者がひっきりなしに詣でておりました(笑)
やっぱすごい知名度だ。
今日はハバネロ仮装のそうらんさん、URCのテント近くでyagiさんとKuriさんにもご挨拶。
やっぱ、札幌マラソンは沢山の人が来ますね~。
軽くアップを済ませた後、親子ファンペアの列に並びます。
10時の中学生3kmスタートに始まり、5分おきにスタートが続きます。
りさはあまり緊張してなかったみたいだけど、どうなのかなぁ。
陽射しも強く、突っ立ったまま並んでるのもアレなので、僕らは地べたにおもいっきり座り込んでリラックスしてました。
結構みんな立ちっぱなしなんですよね、疲れるってば。
最初はランシャツ・ランパンで参加しようかとも思ったのですが、周りの雰囲気に合わせるだけの余裕はありました。
いかんせん、りさがどのくらいで走ってくれるかまったく手探り。
練習ではキロ6くらいで根を上げてましたからね。
でも結構頑張って走ってくれました。
結果は2kmで9分39秒、キロ5は切りました。
トップは7分台って言うから恐れ入りますよねぇ。
りさは最後半べそかいてましたが、それなりに楽しかったみたいです。
また一緒に走ってくれるといいなぁ。
さて、親子ファンペアが終わっていいアップになった僕は、次はハーフです。
ゼッケンは80番。
前から3列目くらいに陣取ったら、GOさんがいらっしゃいました。
しばし談笑してると、そのうちユウトパパ、あとから汗びっしょりでファイアーさん。
聞けば、ユウトパパは前半から突っ込むとか。
このコース、前半で50mほどくだって、後半は70mのぼるというかなりタフなコースです。
でも実は、しろいし区民マラソンで5km走ったときから、心に決めてたんです。
前半ユウトパパについていって、つっこんでみようと。
そんな話をしてたらファイアーさんに、「もう(闘いが)始まってる」と冷やかされてしまいました(^^;
いえいえ、そんなハーフではまだまだユウトパパに及びません。
スタート後、軽快に飛ばしていくユウトパパ。
キロ3分半切って入っていくと言っていた通り、最初の2kmは6分30秒くらいで行きました。
僕もこっそり後ついてったのですが、振り返って「あ、ほんとにきてる!」と余裕で確認される始末。
まぁ、見える範囲でついてこうと思ってただけなので、そこから先は少々離れて、見ながら走ることにしました。
最初の5kmを16分53秒。
えと、僕のベスト16分40秒なんですよね…
この辺では60番、70番、80番(僕)のキリ番トリオ含む5人くらいの集団で走ってました。
次の5kmは17分51秒と、あんまりにも速すぎたので、流石に自重しました。
でも、10kmを34分45秒と、これも計測上の自己記録は超えてます…
くだりとは言え、やっぱ突っ込みすぎたかなぁ。
9km手前あたりで三越前を折り返す、駅前通を突っ走ります。
ここが一番気持ちいいところ。
まだまだ元気だし。
先に折り返したユウトパパを思いのほか早く見つけたので、びしっと指差してロックオンの合図。
あぁ、これ余計でしたかね(笑)
この後、河川敷に下りて、ダラダラと一番いやなところです。
南9条大橋の手前で、向かい側のakkunさんとおまちゃさんとエールを交わします。
この5kmは18分47秒と、いちばんかかってます。
15kmを53分32秒で通過。
今日はDNSの(元祖)パパさんが、「自己ベスト行ける!粘れ!!」と声をかけてくれました。
トン子さんもいたはず、応援ありがとうございます。
あと6kmをキロ4まで落ちたとして24分、これでも1時間17分台でゴールできるはず。
ここでとりあえず自己ベストは確信しました。
う~ん、でもこの5kmのペースダウンは、去年も同様だっただけに課題が残りますね。
景色も変わらない、ゆるやかなのぼりで、向かい風で、応援も少ないという場所なので、集中し続けるの難しいんですよね。
この辺では、さっきの5人の集団はばらけていて、4桁番号の一般の方と二人旅でした。
この人がいてくれたから、最低限度集中力が保てたのでしょう。
途中で後ろからひとり追いついてきましたが、16kmあたりからスパートかけて、一人で抜け出しました。
この5kmは18分28秒、20kmを1時間12分01秒で通過。
自己ベストを確信したところで、気を緩めることなくペースアップ。
さけ・マス科学館を過ぎて、立体交差を潜る前あたりで、ユウトパパのご家族から声援を貰いました。
みなさん競技場に向かって歩き出してたので、きっとユウトパパがずいぶん前に通過したんでしょう。
思わず「追いつけな~い」などと、敵に弱気を見せてしまいました。
真駒内公園に入り、何人か捉えたかな。
この札幌マラソンは、真駒内公園に入ってからもいやらしくなかなかゴールさせてくれないんですよ。
もうまるで引き回されるように、ぐるぐる遠回りさせられて。
競技場の脇まで来て、まだ20km地点ですからね…
さらに競技場をぐるっと回って、競技場に入ってからもまた半周回らされるというダメ押しつき。
最後1.0975kmを3分52秒、1時間15分54秒でゴールしました。
競技場の外回ってるときにひとり抜かれちゃいましたが、競技場に入ってからきちんとラストスパートすることはできました。
いやぁ、ついに15分台!!
去年の札幌マラソンが1時間21分57秒ですから、1年で6分以上縮めたことになります。
いやぁ頑張った頑張った。
会心の笑顔ですが、思ってた以上に疲労が溜まっていたところがあったらしく、両胸が赤く染まっておりましたとさ。
最近ずっとレースでも絆創膏のお世話になってなかったのですが、今日は流石に終盤に上体がぶれたのか、それとも未知の速度に乳首が慣れてなかったのか。
まだまだ鍛錬が足りないようです(どこのだ)
前半は大分笑顔がほとばしってて、最初の給水でもコップを潰して「ありがとう」ってトスするくらいの余裕はありました。
でもどんどん笑顔はひきつっていって、最後の笑顔はかなり厳しかったと妻に指摘されました。
レース中エールを交換した方のお名前も、全部覚えてないです、ごめんなさい。
今日は結構がんばりました。
でも、仙台のときほどじゃないですけど。
1時間15分54秒 × 2.11 = 2時間40分08秒
ハーフのタイムに2.11かけると、フルのタイムになる。
2時間45分切りはかなり信憑性を帯びてきました。
計算どおりいかないのはわかってます。
NYCマラソンも結構タフと聞きます。
でも、目指すは去年のasics企画RTNYC3期生の水谷りさちゃんの記録。
負けないぞ~!!

カテゴリー: ランニング パーマリンク

24 Responses to 札幌マラソン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください